はじめての方へ

始めまして TORERU(トレル)の堀と申します。

私が施術をしております

筋膜×整体サロンをオープンしました。

何故 筋膜なのか?

それは治療家人生での経験からの思いです。

一般的な病院診察は痛い部分の局所的な検査や、レントゲン等の画像検査が主です。

腰痛を例に出すと、レントゲンやMRI、CT等の画像所見と実際の腰痛症状が一致するのは2割といわれています。

残りの8割の患者さんは原因不明(非特異的腰痛)といった一括りになります。

しかし、実際に検査し施術していくと画像所見では映らないものに原因があることが非常に多いのです。

  • レントゲン上は問題ないが腰椎(腰の骨)の関節の一部が非常に硬く動きが低下している。
  • レントゲン上は問題ないが坐骨神経が過敏となり、痛みで夜も寝れない(Peripheral nerve sensitization)等々

中でも非常に多いのが筋膜性腰痛です。

筋膜の滑走制限が起こると様々な症状を引き起こします。
一般的には重苦しい感じの痛み、比較的深いところ・奥の方が痛い、痛みが広がる・広い範囲で痛い、等が一般的ですが人によってはシビレを訴える方もいます。

「ブロック注射を打っても効かない」と来院される方が多いです。ほぼ筋膜性腰痛です。

ブロック注射は麻酔です。人間の身体にはほぼ100%作用します。
しっかりと狙った部分に注射できていれば効かないわけがないのです。
「ブロック注射が効かないのは原因が違うからです」

ちなみにブロック注射が効かない方が手術をされてもすぐに痛みが取れないケースが多いです。理由は原因が違うからです。

腰に限らず画像所見で見えないものに原因があることは多いです。肩、膝等々も同じです。

筋膜の施術が一般的であれば助かる症例も多いのですが
まだまだ日本では一般的治療ではありません。

少しでも広まってくれたらと切に願います。

「どこに行っても良くならない。」

「我慢して痛みと付き合っていくしかない。」

「手術をするしかない。」

…とお考えの方には、一度お話だけでもいかがでしょうか

当サロン開業を思い立ったのも、そういった方の症状を改善したい

生活を楽しんでほしいとの思いからです。

「若々しく」「素敵に」「颯爽と」 

健康と時間は財産です。

医学的な知識も十分あり、専門的な技術で体の根本から問題を解決していきます。

頑張る方の「できない」を「できる」にすることが私のライフワークです。